生きログ
『中の中』ランナーが『上の下』ランナーを目指して走るブログ
その他

お小遣いアプリ『トリマ』はホントにランナー向きなのか?

『走る(歩く)だけでお小遣いが稼げる』

そんな謳い文句のスマホアプリがたくさんあるので色々試してみました。

お小遣いのために走る訳じゃないけど、同じ走るならお小遣いが付いてきた方が嬉しいよね?

んで、最近膝の調子が良くなって走る習慣が戻ってきたから、それ系のアプリを何個か試してみました。

昨日(1/13)のランニング

16.45km!

 

これで今月の月間走行距離は早くも64km。

コロナ禍以降ではかなり走ってる部類です。

ってか、多分コロナ禍ではサイコーのペース。

膝の調子はほぼ回復したので、今後は仕事前や仕事後に走る時は11kmのルーティンコース、休みの日に走る時は少し距離を延ばす予定です。

お小遣いアプリ『トリマ』

16.45km走った後のトリマのマイル(ポイント)は約61000。

走る前は約55300だったから、今回のランニングで貯まったマイルはズバリ5700。

トリマのマイルは

100マイル=1円

だから、16km走ってざっくり50円GETです。

更に超ざっくり言えば

1km=3円くらい?

マイルを貯める過程で、動画を観る他にスロットマシーンとかやらされるからその結果にも左右されるけど。

平均して月に200km走れば600円くらいGET出来ると予想できます。

モチロン、走る以外の普段の移動でもマイルは貯まるから、月間200km走るなら1000円/月くらいかな?

貯まったマイルはdポイントやポンタポイントなど、メジャーなポイントへの交換でもAmazonギフト券でも銀行振り込みでも手数料なしで出来るのが嬉しい。

※楽天ポイントへの交換だけ目減りするからご注意ください。

ポイ活(ポイント活動)的なサイトはだいたい手数料が掛かるからね。

手数料100円なら走行距離33km分、手数料200円なら走行距離66km分だからね。

走った距離を無駄にになくてイイのがトリマのメリット。

ではデメリットは?

トリマのデメリット

デメリット①

スマホのバッテリー消費が超激しい!!

私はiPhoneユーザーですが、トリマのGPSは『常に許可』状態。

トリマの稼ぎとスマホの劣化とを天秤に掛ける必要があります。

デメリット②

歩数と移動距離でマイルを貯めるにはその分の宣伝動画を観る(再生する)必要がある。

5秒から30秒までの動画がランダムに再生されるから、5秒が多く再生されるとまだイイけど、30秒ばっかりだとかなり時間が掛かる。

16km走ったら、たぶん50~60個?の動画を再生しないとフルにマイルが貯まらない。

モチロン動画は再生してるけど観てないので、何かと作業してる合間に再生ボタンを押してるだけだけど。

因みに、動画を観ない場合、獲得マイルは激減する。

ゼロって訳じゃないけどね。

結論

スマホのバッテリー消費が許容できて、作業の合間に動画再生ボタンを押せるのであれば入れておいても良いアプリかな。

マイルズとか、その他歩数に応じてポイントがもらえるアプリも色々試したけど、トリマ以外は全て削除しました。

最後にトリマの注意点。

動画を1個観るだけで歩数に応じて貯まるマイルが2倍になる『ローラースケート機能があるから、走る前に動画1本再生するのを忘れないように!

注意

歩数アプリにつき、同じ1km走るのでもピッチなどで貯まるマイルは異なると思われます。

私個人の数字につき、目安とお考えください

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村